fc2ブログ

ふらふら水槽生活

挫折と再生のお魚+α飼育w

金魚?リフォームと新しい家族

2006-09-07-Thu-06:49
金魚の新居、60cm水槽を眺めていて
気になる事が2つ。

ひとつは、水流。
フィルターは、テトラの外掛けフィルター・OT-Wを使用しているけれど、
けっこう前に購入して、その後しまい込んでいる間に、
吸水する部分と本体をジョイントするパーツをなくしてしまった。
だもんだから、吸水口が水槽の真ん中くらいに来てしまってる。
吸水口がもっと底に近い所になければ
水の循環がうまく行ってないような気がするんだ。
ところが、
最近、店頭ではOT-Wを見かける事がなくなって、
当然パーツだって見当たらない。
もしかして製造自体が終わってるのかとウナダレてたところ、
通販の「いぶきストーン」さんがパーツを販売しているのを発見。
迷わず注文することに。

気になる事の2つ目は
金魚には、やっぱ和風なレイアウトがいいのかもってこと。
いままで興味なかったけれど、
灯籠とか水車とか、あの、いかにも金魚水槽の飾り
みたいなものも入れてみたいと思うように。
すると、同じく「いぶきストーン」さんに
あの麦飯石製の灯籠と橋。
こちらも、いっしょに注文。そして到着。



おかげで水が全体がまわるようになったみたいだ。
灯籠と橋も、いい雰囲気。

こうなると、新しい家族も迎えたくなり・・・


その後、なかなか出会えなかった「東錦」くん
と、


「蝶美」ミックス君。
このコ、もう少しで“レッサーパンダ”になれたのに。
でも、値段はレッサーの半分以下。十分かわいい^^
スポンサーサイト



金魚、新居にうつる

2006-09-04-Mon-06:23
金魚の水槽を、
思いきって60cmにバージョンアップ。
最初、新たに金魚水槽を立ち上げた時は、
なんとなく迷いがあったんだ。
60にして、もてあまさないか。
後になって、他の熱帯魚に目移りしてしまわないか・・・。

というのも。
20年ほど前に飼ってたのは
夜市の金魚すくいの金魚たちで。
(あの時は、つい夢中になって結局30匹くらい連れて帰った。
いやー。けっこうタイマイをはたいたなあ^^;)

思えば、かわいそうな話なんだけど。
追いかけ回して楽しんじゃって。
弱って当然だよ、あの環境。
ひどいなあ。悪いなあ。と、思いながらも
好きなのだ、金魚すくい。

それで。その夜市の金魚たちは、
まあ、当然というか徐々に落ちていき、
結局は数匹になってしまったが、
それでも卵を産んで繁殖して、
しばらくの間楽しませてくれたのだった。
それなのに、
その後の彼らについての記憶はなんとなく薄れてしまい、
いつの間にか、熱帯魚に移行していた。
せっかく産まれた稚魚たちがどうしたのか、
無責任にも、なんにも思い出せない。
金魚は本来長生きだから、
ちゃんと大事にすれば10年だって20年だって。
それを、なんだって記憶がないんだ。

あれから月日が流れて、再び金魚をながめてる。
ひどいヤツ(=ジブン)んちに来た金魚たち。
こんどこそ、いい飼い主になれるだろうか。
ただ、あの時と違うのは、
その後、いろんな熱帯魚飼育で経験を積んだってこと。
たんくさんの犠牲になってくれた魚たちのおかげで、
していいこと悪いこと、ちょっとしたカンも
それなりに身につけた、それが、せめてもの救い
かもしれないけれど。

うう。
人間性を試される感じ。


我が家の金魚再来、第1号の「更紗ワキン」
実は、丈夫の御墨付き・ワキンなのに、
すでに1匹は先日☆に・・・・(TT)



せっかく広くなったし、新しい家族を迎えることに。
「東錦」2匹。
「東錦」を選んだのは、顔がかわいかったから。
ちょっとカピバラみたいだよ^^

金魚にハマってみようかと思う

2006-09-03-Sun-06:21
今年の7月はじめ、
海水魚を全滅させてしまい、浮上できないうちに
最後の1本になってしまった水槽・アピストも☆になり、
魚生活なんて辞めてしまおうかとも思ったガ。

でもでも、
猫より犬より長い付き合いのお魚達がいない生活なんて
やはりタエラレナイと悟った私は、
そうだ、金魚なら丈夫だ、我が家に金魚を迎えよう!
と、20年ぶり(位かな)に金魚を飼うことにした。

ん? いまナンカひっかかったぞ。
金魚なら大丈夫? “なら”?

魚を飼いはじめると
時間とともに難易度の高い方に進むのが道筋のような気がする。
かくいう私も普通にその道を歩んできた。
だから海水魚→金魚というのは、ある意味“逆行”みたいな気分。
いやいや、でもそれは勘違い・大間違いだゾ。
なめたらいかん。金魚はものすごく奥が深いみたい。

そして、先月、
なにはともあれ新居を準備。
海水魚に熱を入れてた間しまっておいた
小振りな水槽とテトラの外掛けフィルターを引っ張り出し、
ソイル系の金魚用底砂を買ってきて、新居立ち上げ。
そして、
いざ、金魚購入に行きつけのホームセンターへ。
お店では、いままで流してあまり見ることのなかった
金魚の水槽の前をクマのように行ったり来たり。
見かねて(?)声をかけてくれた店員さんに
「強くて丈夫な」「とにかく丈夫な」を連呼。
だったら、と「ワキン」を勧めてくれた。
購入したのは「更紗ワキン」2匹。
さあ、金魚生活のはじまりだ。
HOME