fc2ブログ

ふらふら水槽生活

挫折と再生のお魚+α飼育w

かなしい出来事

2008-08-01-Fri-23:01
お盆で実家に帰っている間に
金魚たちが全員☆になってしまった。

出かける前には
たびたび治療しなければならなかった白雲病も
すっかり落ち着いて見えたし、
問題ないだろうとタカをくくっていたのがいけなかった。
発症してすぐに手を打てば
せめて何匹かは救うこともできたかもしれないのに。
申し訳ないのと残念なのとで
呆然となってしまう。

金魚は強い、飼いやすい観賞魚で
20日くらいエサを与えなくても大丈夫だし、
と、放っておいても大丈夫なペットの印象があるけれど、
それでも細心の注意が必要。
特に春先、それから夏場はとくに気をつけないと。
そのことを改めて思い知る結果となってしまっtq。

白雲病についていえば
いったん発症したら、見かけの症状以上に
勝負が早いことがあるということも学んだ。
本やネットで調べて
薬浴治療や、水槽・道具類の消毒を何度もしたけど
とうとう完治させることができなかった。

もしかして、外において日光を当てたりしていれば
封じる事ができたのだろうか。
それとも、白雲病ではない
もっとやっかいな病気だったということなのだろうか。
結局、解らずじまいだ。


こんな風に死なせてしまって
金魚はもう封印。
飼う資格なしだ。

金魚たち、
どうか成仏してくださいね。合掌。
スポンサーサイト



またもや! 白雲病発生

2008-07-22-Tue-16:22
完治したつもりの白雲病が
またも発生。

いったん発生してしまったものを撲滅するというのは
難しいことなんだと実感。

日和見てきなものだと、
気長につきあう、くらいの気持ちでいる方がいいのかも。



今回はグリーンFを水槽に直接投与で様子を見る。
早め早めに対処できたつもりだけれど、
問題は、この状態をいつまで続けるか。
フィルタを止めているので、水が汚れが目立つ。
金魚たちも居心地悪いだろうけど、
様子を見ながら、できるだけ長く薬浴したいと思った。

結局、一週間この状態でがまんしてもらって
水は一気に新しくした。
道具類は、今回は消毒はしなかった。
金魚たちも、掃除の間日光浴をさせたくらいで、
薬浴後、特になにもしていないけれど、
約1ヶ月たって、今のところ問題なく、
一応落ち着いている。

金魚水槽メンテの追記

2008-06-23-Mon-03:01


病気撲滅のため
何もかも洗って立ち上げ直した金魚水槽。

これを機に
底砂を変えてみた。

いままで
それが一番良いと思って
大磯を使っていたんだけれど、
ややアルカリ気味の南国が金魚向きと
砂の袋に書いてあったんだ。

そういうことなら
南国にしてみようと。

大磯よりも黄みがかった南国。
入れてみると、
以前よりも水槽内が明るく感じられて悪くない。

そして、今回は
砂を浅めに敷くことに。

前回、病気が出たとき、
底砂が予想以上に汚れていたのに驚いた。
底砂が厚いと、循環が行き届かず、
汚れが砂の中に溜まってしまうようなので。

金魚が砂を食む食むできて、
しかも、その際、砂の間の水が動くくらいの厚さ。
っていっても、大体な感じだけれど
前回は6kg使用してたのを、
今回は3kg(水槽は60cm)にしてみた。


メンテからちょうど1ヶ月。
今回の、これらのメンテは良い方に働いたようで、
数日後、白ニゴリした後、きれいな水になり、
その後病気も出ていない。

金魚水槽、大災害(白雲病?)後のメンテ

2008-05-22-Thu-22:34
ずっと安定をホコッていた金魚水槽。
でも
春先から、たびたび病気が発生。
せっかく美しく成長していた仲間が相次いで☆に。

はじめは尾ぐされ病かなと思っていたけれど、
本やネットでいろいろ調べる内に
「白雲病」ではないか、と。
(ネットに上がっていた白雲病の金魚の画像と
  症状がとても似ていたので)


【白雲病】とは、
原生生物のである
コスティア(鞭毛虫)やキロドネラ(繊毛虫)が原因で
春先や梅雨の時期に多いのだそう。
水質の悪化が大きな原因のようにも思う。

ウチの場合、最初は
尾びれのフチに白いカビのようなものが付着して見え、
よく見ると胴体部分や目にも現れていた。

やがて
泳がずに底にじっとしていたりするようになる。
この段階で治療すれば、助かる可能性は大きいようだ。

でも、気が付かずに、症状が進んでしまうと
白い付着物が広がり、一見たいしてひどくないように見えても
いきなり☆になってしまうことも。
これは、エラに付着してしまうのが原因と思われる。

助かっても、治療が遅れると
ヒレが充血して、溶けてしまったりもする。


〈治療に関して〉
はじめはメチレンブルーを入れたりしていた。
でも、白点病ではないので
効果がない訳じゃないけれど、完治はしなかった。
白雲病かもと気付いた後は、ネットとかで調べて
治療法を変えた。

いちばん効果があったのは、グリーンF。
液体タイプは使いやすかったけれど、
なれると粉末の方が扱いやすいかも。割安だし。
薬の投与と塩水浴を同時にするのも効果があるようだ。
(塩分の比率などは、人によって考え方が違うようなので
 よく調べた方がいいのかも)

粉末タイプのグリーンF。
さいきんパッケージが少し変わったみたい。


ただ、水槽が汚染されているので
水槽に薬を投与して症状がおさまっても、
また繰り返し発症してしまう。

なので、
水槽を立ち上げ直す事にした。

まずは
療養用の水槽を立ち上げ、薬を投与。
それに金魚を移す。
この水槽には砂など入れなくていいと思う。
エアストーンでエアを送り、
水質を安定させるためにエサもやらないようにする。
私の場合は、小型の外掛けフィルタをつけて
フンやゴミだけは濾すようにした。
この際、ろ材はいれずマットだけ入れると
薬の効果が損なわれないはず。
これだけでも、金魚のいる環境がきれいに保たれると思う。

本水槽とフィルター、道具類はよく洗い、天日に干して
(あまり日が当たらないので3日ほど放置)
念のため、イソジンで消毒して
とにかくよく洗う。
ろ材も新しいものに交換。

今回、新しくいれることにした、ろ材はこれ。



新しい水には、バクテリアを入れて
早く水が出来るように。
初めだけヒーターを入れて水を回し、
1時間ほどで金魚を入れた。

これで、今回の治療はひとまず終了。
完治したかどうかは今後を見守るほかないけど、
再発を繰り返してしまったので
結局、治療に1か月以上かかってしまった。




こんなに、金魚水槽ってきれいだったのか・・・! って
立ち上げ直すたびに、アホのように繰り返し思う。
いつも、ちゃんとメンテしないからだ。。。

これから、梅雨、また水温の高い時季になる。
水質管理、ちゃんとしなくちゃ。

その後のわが家の魚たち

2008-05-22-Thu-19:39
あいかわらず
挫折と再生をくりかえしている(^^;)
わが家の水槽たち。。。

その後、
金魚たちに入れ替わりがあったり、
小さいものクラブ水槽が「やや小さいものクラブ」になったり、
変化しながら現在に至っている。

自分で最も変わったと思うのは
ベタを買い始めたこと。
同居が難しいし、なにより姿が好みではなくて
飼おうと思った事は一度もなかったののだけれど。

ホームセンターで
5〜6cmのビニール袋に水深2cmくらい
で、売られているのを見て
つい連れて帰ったのが始まりで。
飼ってみて、よくよく見ると
なんとも美しいというのにも気が付いた。
慣れるし丈夫だし。
同居が出来ないというのは今も困る点だけど、
「やや小さいものクラブ」水槽に1匹、小型水槽に1匹で、
現在(オス)2匹いる。

ところで
「ややちさいものクラブ」の住人。
“小さい”が“やや小さい”になった理由は、
ベタの他に、
エンペラーテトラ、レッドファントム、
コリドラス・ステルバイが加わったため。
ボレリーの未亡人もいて、元気。

今日の、やや小さいものクラブ。

新たなタンクメイト

2007-10-25-Thu-04:04


41cm水槽に拡張して2週間ほど。
すっかり落ち着いた“小さいものクラブ”も、
少しずつ茶ゴケが目立ってきた。
そこで、オトシン・ネグロを2匹、新しい仲間に。

チェリーシュリンプ、コリドラス・ハバロースス
そしてオトシン・ネグロ。
水槽内のメンテ、よろしくです。

水が輝く!

2007-10-15-Mon-22:08


引っ越し後、
なんとなく白っぽく見えた小型水槽。
いくらガラス水槽って言っても
長いこと使ってきて、
熱帯魚熱が覚めてる間は庭に放置。
それをまた磨いて磨いて使ってるんだから
まあ、しょうがないのかな、なんて思っていた。

ところが、
今朝おきて電気をつけて驚いた。
ものすごく、きれいなんだ、
透明を越えた透明ってでもいうのか、
深く輝く、きれいな水になっていたんだ!

水槽のせいではなかったんだ。
一晩で、こんなにも変わるもんなんだなあ。
ここまでキレイな水が作れたのは
初めてかも知れないな。
水が出来上がるって、きっと
こういうこと言うんだなあ。
と、感動さめやらないのであった。

小型水槽に新しいタンクメイト

2007-10-12-Fri-22:40


小型水槽の引っ越しから2日。
魚たちも落ち着いてるので、
少しだけタンクメイトを増やすことにした。

実は、少し前からアヌビアスの一部に
ヒゲ状コケが生えてる。
ビロードみたいできらいじゃないんだけど、
とかいってると、増えちゃって大変だった記憶があるので、
(増え過ぎると葉からはがれて水中を漂い、
  ろ材を詰まらせたりもするし)
今のうちに、どうにかしないと。

このヒゲ状コケを食べてくれるのが
ペンシルフィッシュの仲間らしいので、
今回はホームセンターではなく専門店に出かけ、
うっかり名前は忘れてしまったれど
ペンシルフィッシュの仲間を2匹購入。

さて、それから
店内を眺めていて目に付いたのは。
ラスボラ・アクセルロッディ“ブルー”。
何年前だったか、
前回の熱帯魚ウェーブがきてた(自分内での話)時は
まだ珍しくて、1匹1000円近くしたのを1匹だけとか
飼ったことがあったけれど。
いまでも憧れの魚。いつかまた飼いたいって思ってたんだったなあ。
それが今は350円。
是非、仲間になってもらいたい。

そして、スカーレットジェム。
さすがは専門店。ホームセンターのと違って、
元気のいい個体がそろってる。
この前の2匹はかわいそうなことをしたけど、
できれば、またウチの仲間になってもらいたい。
せっくなので、ペアでお願いする。
ただメスはめったに入らないし確実ではないそうなので、
発色のいいオスと、メスと思われる個体
(もしかしたらただ地味なだけのオスかもしれないけど)を購入。
今度こそ、元気でいてくれたらいいのだけれど。


計6匹が仲間入り。

小型水槽、拡張リフォーム

2007-10-10-Wed-23:37


小型淡水魚水槽、“小さいもの”水槽を立ち上げて
1か月と少し。
水はすっかり落ち着いてたけれど、
水草は伸び、魚たちも増え
すっかり手狭感がただよう。

アピストの水槽を並べる件もアキラメがついたことだし、
ひとつあまった41cm水槽に引っ越すことにした。
はばが10cm広がるだけ
(高さは4cmほど低くなるけど、
  入れられる水位を考えると4cmの差はない)だけど、
それでも、ずいぶん違って見える。

かなしいアベニー

2007-09-26-Wed-22:47
昨日、水槽を大きくしたのに、
さらに、もう1匹
アベニーが☆になっていた。。。

隠れる場所も、けっこう作ったのになあ。

最後に残った1匹、仲間を追いつめた1匹が
かわいい顔でぷかぷかキョロキョロ泳いでる。

彼らには彼ららしい生き方があるのに
そんなこと、おかまいなしに
ワタシら人間が水槽の中に押し込めてしまって。
だから、彼らなりに立場とか事情とか
いろいろあるんだろうとは思うけど。
なにも、死ぬまでイジメなくったって。。。
HOME NEXT